糖尿病について

糖尿病の治療

食事療法

患者さん一人ひとりの御希望、基礎知識、かけられる時間などに応じて以下のような指導をしています。

① 食品交換表を使った食事療法:日本糖尿病学会の監修の食品交換表で指導します。1日で摂取するカロリーの計算、食品それぞれの栄養素による      分類、献立の立て方など詳しく説明します。1回に30分弱の時間がかかります。

② 簡易パンフレットを使った食事療法:大まかな1日摂取カロリーを決めて、主食の量、主菜の量、副菜の量を目安で指導します。10分程で簡単に      説明します。
③ 食事記録を付けて、修正をする方法:診察日まで数日間分の自分の食事を記録して、改善できる点があれば話し合います。10分程かかります。

運動療法

血糖を下げるために運動は大切ですが、長期にわたって続けられ、他の病気を悪化させたり怪我をしたりしない運動の方法でなければなりません。
頻度、強度も重要です。これを患者さんと共に考えます。

薬物療法

①のみ薬:現在日本では7種類の内服薬があります。当院ではこれらすべての種類を選択肢にいれて、患者さんの状態によって使い分けています。薬のはたらきについても説明し、できるだけ自分の飲んでいる薬の理解ができるようにしています。

②注射剤:インスリン注射とインスリン以外の注射があります。必要に応じて自分で注射できるように指導しています。注射しながら自宅で血糖測定していただくこともあります。

糖尿病の合併症の管理

①糖尿病網膜症:眼の合併症です。糖尿病の重症、軽症にかかわらず、眼科医に依頼して検査していただきます。
②糖尿病腎症:定期的に血液検査と尿検査で腎臓に異常がにないかどうか経過をみます。異常がある場合は、
食事と運動は改めて指導し、治療薬についても再度検討します。人工透析が必要な場合は透析施設に紹介します。
③糖尿病神経障害:神経の異常がないかどうか診察し、足潰瘍、足壊疽を予防します。

加えて、メタボリックシンドロームや肥満について

生活習慣が原因で体重や内臓脂肪のコントロールが難しい場合には、できるだけ話し合いの時間をとって、改善方法を考えます。患者さんの意欲を維持することが最も大切だからです。糖尿病治癒薬のなかには体重を減らす効果があるものもあり、糖尿病であれば投与することもできますが、基本は食事療法でと運動療法で、補助的に使うと考えています。

お問合せ・ご相談はお気軽に

tel  022-246-3511

fax 022-246-3513

初診・再診バナー

平沢内科のご案内

医院名
平沢内科
院長
平澤 元
住所
〒982-0024
宮城県仙台市太白区砂押南町1-47
診療科目・検査など
内科・消化器内科・糖尿病内科
胃内視鏡(胃カメラ)・大腸内視鏡(大腸カメラ)・健康診断・人間ドック・予防接種
電話番号
022-246-3511
ホーム
ごあいさつ・医師の紹介
院内の様子
平沢内科について
平沢内科について
院内の様子
糖尿病について
交通案内